神奈川県 不動産売却

神奈川県で家、マンションを売る

  神奈川県は東京に隣接している事情もあって電車等で通勤、通学を東京までという方も多いようですね。電車の沿線、駅によっても不動産の価格は異なってきます。

それで不動産を売る場合ですが、住宅は高価な売り物なのでひとつ会社だけから、見積りを取ることは避けるべきでしょう。

 

複数の不動産会社から無料の見積もりを取る場合、

 

↓最初に、ここで見積もりを取りましょう↓

 

 

↓2番目に、ここで見積もりを取りましょう↓

 

3 ↓3番目に、ここで見積もりを取りましょう↓

 

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

 

あとは、見積もり価格が届くのを待つだけです。

上記の不動産無料査定は以下の地域に対応しています。 横浜市 鶴見区 - 神奈川区 - 西区 - 中区 - 南区 - 港南区 - 保土ケ谷区 - 旭区 - 磯子区 - 金沢区 - 港北区 - 緑区 - 青葉区 - 都筑区 - 戸塚区 - 栄区 - 泉区 - 瀬谷区 川崎市 川崎区 - 幸区 - 中原区 - 高津区 - 宮前区 - 多摩区 - 麻生区 横須賀市 鎌倉市 逗子市 三浦市 三浦郡,葉山町 相模原市,緑区 - 中央区 - 南区 厚木市 大和市 海老名市 座間市 綾瀬市 愛甲郡,愛川町,清川村 藤沢市 平塚市 茅ヶ崎市 秦野市 伊勢原市 高座郡,寒川町 中郡, 大磯町,二宮町 小田原市 南足柄市 足柄下郡 箱根町 湯河原町 真鶴町 足柄上郡,中井町 大井町 松田町 山北町 開成町

転勤でマンションを売る。体験談。

 仕事で転勤が決まり、海外に引っ越すことになりました。単身赴任も考えたのですが、小さい子どもと離れて暮らすのは考えられない選択肢でした。

パスポートの取得、子供の学校の手配、煩雑な手続がたくさんありました。

いつ帰って来れるかも分からないマンションのローンを払い続けるのも馬鹿らしいので、ローンの残っていたマンションを思い切って処分することにしたのです。

ローン残額と買取希望額に大きな差があり、正直、相当焦りました。

早くしないと新しい赴任先での仕事に支障が出ます。


そんな時に頼りになったのが、


⇒⇒この不動産会社でした。。


随分と親切な対応でした。

信じがたいことに無料で利用できるのです!

住宅ローンの残っている家、マンションを売る

リストラ、給料カットで当てにしていたボーナス払いが出来なくなった。
あるいは離婚や相続、転勤で住宅ローンの残っている家、マンションを売却しなければならないという事態は、今の時代、決して珍しいことではありません。

 

ローンの支払いが厳しいから、もっと安い住宅に引っ越すということです。

 

残念ながらローンが残っている家を残念ながら手放すことになった場合、少しでも高く売りたいですよね。  
新規の住宅取得ですが、ローンの残債も式新規ローンに加算することができる買い替えローンと呼ばれるものがあります。

 



武蔵小杉(川崎市)住みたい街ランキング3位という奇跡

マンション建設が進み、人口増

今後少子高齢化、人口減少が大きな問題になるのは郊外住宅地であるが、その中で近年川崎市が伸びており、2003年から13年で人口が12パーセント増えている。 川崎市は、東京23区のすぐ隣であり、北部(内陸部、東急田園都市線、小田急沿線)は郊外住宅地だが、南部は川崎港周辺の重工業地域から南武線沿線までが工業地帯だった。 しかし近年は、南部の中原区の武蔵小杉駅から高津区の溝の口駅周辺などにタワーマンションが林立するようになり、人口増加を促進してきたのである。 数字を見ると、1983年から93年までの10年間は北部の宮前区、多摩区、麻生区で20パーセント台の伸びを示していたが、南部の川崎区、幸区、中原区は3パーセント前後しか伸びていなかった。さらに93年から2003年になると、川崎区、幸区の人口の伸びが止まった。 ところが2003年から13年は、南部でのマンション建設が進み、北部と南部の差がほとんどなくなってきた。特に中原区は10年で17パーセント人口が増え、麻生区に次ぐ伸び率となり、高津区も15パーセント、幸区も12パーセント増と、南武線沿線の伸びが顕著になったのである。 「横浜に住んで川崎で遊ぶ」 人口の伸びに合わせて川崎駅西口に開業したショッピングセンター、ラゾーナ川崎も好調であり、一気に川崎市南部がメジャーになってきた。 横浜市のあるマンションの広告には「横浜に住んで、川崎で遊ぶ」というコピーが使われた。従来であれば、横浜に住んで横浜で遊びたい人が、仕方なく川崎に住んで横浜に遊びに行ったものである。 ところが、横浜に住んで川崎で遊ぶというコピーがラゾーナ以降、現実的になった。 高度成長期の、排煙がもくもく出ていた工場地帯・川崎を知る世代にとって、川崎は住むところとも遊ぶところとも思えない。遊ぶとしたら競馬とソープランドであった。野球のロッテが川崎球場にあったときも、観客はまばらだった。とてもデートに行くとか、子供連れで行く街ではなかったのだ。 その強固なイメージゆえに、川崎に西武百貨店ができても丸井ができても、なかなか川崎にわざわざ遊びに行くという行動は生まれなかった。(川崎西武は1988年開店、2003年に閉店)しかし、高度成長期を知らない団塊ジュニア以降の若い世代にとっては、川崎は否定的なイメージがあまりないのであろう。 その若い世代がマンションを買ったのだ。 2013年10月1日の中原区の人口は、23万9987人、うち30-44歳が7万711人、約3割を占める。人口に占める15−64歳人口の割合が72パーセント、15-64歳人口に対する65歳以上人口の割合は0.203と川崎市で最も若い区となった。 先述したリクルート「住みたい街」ランキングでも武蔵小杉は9位であり、長谷工アーベストが2013年に発表した首都圏の「住みたい街ランキング」では1位吉祥寺、2位自由が丘に次いで、3位は横浜と武蔵小杉だった。これは高度成長期の川崎を知っている古い世代にとっては、まったく予想もできなかった。奇跡に近い事態である。

日本の地価が3分の1になる! 三浦展著より転載

神奈川県横須賀市 空き家が多い谷戸地域

  横須賀市は、高齢化の進展により空き家が増加していくとの問題意識から、特にそうした可能性が高いと考えられる。1 利便性の悪さから空き家の発生率が高いと考えられる「谷戸地域」と、2 最寄駅までバスを必要とする1960−1970年代に開発された郊外住宅地について、2009年に空き家実態調査を行った。具体的には、谷戸地域の5地区、郊外住宅地域の3地区において、戸建てを対象に調査を行った。 谷戸地域とは、丘陵地の山あいの低地で三方を山に囲まれて一方が開けている地域で、神奈川県東部のほか多摩地域に多くある地形である。 道路が狭隘で、行き止まり、階段が多く車両の乗り入れが困難で、公共交通へのアクセスも難しい。 生活の不便さが問題となり、近年、空き家が増えている。 空き家率は、谷戸地域では7,6パーセント(地区別では2,6-13,0パーセント)、郊外住宅地域では2.4パーセント(地区別では2,3-2.5パーセント)であった。 横須賀市内の戸建て住宅の空き家率は7,5パーセントであり、(総務省「住宅・土地統計調査」2008年)、これと比較すると、郊外住宅地域は低かったが、谷戸地域は地域全体ではほぼ市内の平均と同程度で、地区によってはその2倍近くの空き家率の場所もあった。 個別に見ると、谷戸地域では、車両の乗り入れが出来ない、また、家までの道路が階段になっている場所で空き家が多く見られ、長期間放置されて廃屋になっているものも見られた。 これに対し、郊外住宅地域については、居住者の死亡などに伴う空き家は見られたものの、特に空き家が目立つというわけではなかった。

利便性の低い地域で多い空き家

この調査により、谷戸地域の空き家の問題が浮き彫りになったため、横須賀市は2010年に谷戸地域のすべて(49地区)の建物(7114戸)について調査を行った。空き家率は地区によって0-18,5パーセントであり、全域では7,9パーセント(562戸)となった。 車を横付けできるかどうかで分類すると、横付けできる建物3880戸(54、3パーセント)のうち160戸(4,1パーセント)だけが空き家だったが、横付けできない建物3264戸では、そのうち402戸(12,3パーセント)が空き家だった。さらに横付けできない建物のうち、その建物まで至る道路の途中に階段があるか否かで分類すると、階段がある建物は1888戸で、そのうち256戸(13,6パーセント)が空き家だった。 階段がない建物については10,0パーセントが空き家だった。 以上より、車が横付けできない建物、なかでもそこまで至る道路の途中に階段がある建物の空き家率が、特に高いことが明らかになった。 空き家の状態については、空き家562戸のうち、そのまま住むことが可能なもの154戸(27,4パーセント)、修繕が必要なもの206戸(36,7パーセント)建て替えを要するものは202戸(35,9パーセント)あった。特に、倒壊の可能性が高いものは20戸あった。 谷戸地域の人口動態を見ると、1983-2010年に15パーセントも人口が減少しており、同時期には年少人口が半分以下に減る一方で、老年人口は2倍以上になっている。 高齢者夫婦世帯、高齢者の独り世帯が増えている。このような人口流出や高齢化が、空き家率が高くなる要因になることがわかる。

空き家の増加が高める住民の不安

空き家の発生による外部不経済に関しては、例えば放火などの可能性が考えられるが、地区別の火災発生状況を見る限り(横須賀市消防年報)、谷戸地域において特に多く火災が発生しているわけではなかった。 ただヒアリング調査では「放火されるのではないか」「不審者が住み着いたら困る」などの声が寄せられており、実際にそのような事態が発生していなくとも、空き家の存在が様々な面で住民の不安を高めていることがわかった。 空き家が解体されず放置されている要因として、この調査では、解体にお金がかかること、住宅の建っている土地とそうでない土地で固定資産税に違いがある(更地については土地にかかる固定資産税は高い)こと、相続者が不在であることを指摘している。 横須賀市の実態調査からは、1960-1970年代に開発された郊外住宅地では、居住者の高齢化から空き家の発生が懸念されるものの、現時点では空き家率はまだ高くなっているわけではないが、山あいの利便性の低い地域においては空き家率が高まっていることが明らかになった。 横須賀市の事例からは、大都市圏の都市部においても、過疎地域に見られるような形で空き家が発生している場合(地域)があることがわかる。    

空き家急増の真実 ,米山秀隆著より転載

手抜き工事

建築工事というものはリフォーム増改築だけに限らず、完成してしまえば見えなくなってしまう部分の方が見える部分よりも圧倒的に多いものです。耐震偽造問題などというものが一時期、新聞紙上をにぎわせたことがありましたが、実はこうした問題は氷山の一角かもしれません。また、ありがちなのが他の業者よりも安い見積もりを出して受注した後、受注した業者が利益を捻出するために材料のクオリティーを下げたり、必要量以下の材料で下請けに丸投げにしてしまうといった話も聞きます。下請け会社と従業員も生活がかかっていますから、どうしてもどこかで帳尻を合わせる必要が生じます。壁に入れることになっている断熱材を入れないとか、システムキッチンの場合でしたら排水の位置変更をする必要があるにも関わらず、たとえ水漏れになる可能性があろうがなかろうが、強引に無理にでもくっつけてしまうとかいった事態です。

 

システムキッチンの入れ替えについては一日だけの工事で終わると約束してあったりすると、どうしても夕飯の仕度ができるように間に合わせる必要があるということで、下請け業者も無茶をして夕方までに仕事を済ませてしまうということがあるようです。

 

しかし、工事を発注する側にしてみれば、手抜き工事された住宅に住まなければならないのですから、たまったものではありませんね。

子供、老人向け住宅

壁紙の張り替えはリフォームの中でも需要の多いものです。小さい子供がいる家庭では傷が目立ちにくいものにするとか拭き取りが出来るタイプの壁紙にすると良いかもしれません。また、子供の健康への安全を考えるならシックハウス対策についても考慮したいものです。

 

 

あと、老人のことを考えた二世帯住宅の場合、浴室から入口への段差を解消するとか、浴室の入り口部分に転倒防止のための手すりをつけてあげると喜ばれるかもしれません。

 

 

脱衣室から浴室に入る場合、床の材質もフローリングからタイルに変わるわけですが、こうした床の材質が変わる場所では滑って転ぶ可能性もあります。さらに、風呂から上って脱衣室に戻るときにも、濡れた足の裏で滑る可能性もあります。

 

こうした場所には手すりがひとつあるだけで、高齢者にとって、安全なお風呂場になります。また、高齢者の場合、冬場などは特に、浴室やトイレで脳出血を起こすことが多いものです。

 

寒さで血管が収縮して血圧が急上昇するといった事態も起こりがちです。
北海道や東北などの雪国では、特にそうですね。
床暖房を入れると中と外の温度差が解消されますので、脳出血対策には良いかもしれませんね。


参照
更地 費用